ベッド

希望に対応してくれるか

故人のベッドを処分するとき、粗大ごみに出すだけでは気が引ける時があります。その時は供養をしてくれる遺品整理の業者に依頼しましょう。新しいものならまだ使えるかもしれません。買取をしてくれる業者に依頼してみましょう。

安心して死を迎える方法

ノート

自分の気持ちを素直に記す

最近、終活という言葉が広まってきました。就職活動のことを就活と言いますが、終活は生きている間に人生の終わりまでのライフステージにおいてどうあるべきか、そして人生の最後はどうすべきかを考えることです。人間には等しく死が訪れますが、その形は様々です。その時になって慌てないように心の準備をしていくことが終活なのです。しかし、まだ元気なうちから死に向かって考えていくことは簡単ではありません。そのため、頭の中にある終活の計画を表に出していくための手助けとして、エンディングノートを活用する人が増えています。エンディングノートとは決まった形があるものではありません。決して遺書や遺言でもありません。エンディングノートとは人生の記録そのものと言えます。エンディングノートに必要なことは、終末期にどのような対応をしてもらいたいか、葬儀に対する希望があるか、友人などの連絡先、遺産となる貴重品の情報などを記すことです。決まりがあるわけではありませんが、自分に突然の死が訪れた場合に家族が困らないように情報を残すことがエンディングノートの重要なポイントと言えます。延命治療を希望するかどうかは本人の意思を尊重すべきですし、葬儀の方法や知らせるべき人は本人にしかわかりません。また、財産については遺言などで明確にすべきものではありますが、気持ちの詰まったものは処分の方法などについて記しておけば安心です。エンディングノートは、安らかな死を迎えるためのものですから、自分の気持ちをしっかりと記すことが大切です。

所有物の整理を行う

終活を行う際に生前整理をする人もいますが、亡くなった後にも所有物は少なからず残ってしまうものです。そのため、遺族は遺品整理を行う必要があると言えるでしょう。生前整理を行ってくれている場合は一人でも整理することが可能ですが、生前整理が行なわれていない場合は荷物の量は多いと考えられます。大変だと思ったら大阪や神戸、西宮にある遺品整理のプロに依頼をすると良いでしょう。スピーディーに遺品整理を行なってくれるため、急いで片付けたいという人も安心です。また、遺品整理を行っている専門業者によってサービス内容が違ってくるためその点は注意して業者選びをするようにしましょう。大切なものは残しておきたいという時は形見分けを行っているところに依頼すると良いです。しっかりと分けてくれるため、間違って処分してしまったりする心配もないと考えられます。また、故人が持っていた仏壇を今後も使用する予定であれば、専門のクリーニング業者に依頼するといいでしょう。古くなってしまった仏壇でも専門業者にお願いすることで新品のように綺麗になります。生前整理で故人がすでに行なっている場合もありますが、もしクリーニングされていないようであれば専門業者に依頼して綺麗にするといいでしょう。

ダンボール

必ず現地見積もりを依頼

相場に幅があるのが、業者が代行する遺品整理です。遺品の量や室内の状態により、支払う費用が決まります。福井の業者は無料で現地見積もりをしてくれるため、まずは遺品を確認してもらいましょう。現地を確認することで、正確な金額を把握できます。

紙とボールペン

家族を助ける必須項目

ご自身のためだけではなく、家族のためになるのがエンディングノートです。資産と負債、遺言書の有無、パソコンなどのパスワードだけでも記載しておくことで、万が一の事態の際に家族に負担をかけません。一気に全てを書く必要はなく、必須の3項目から書き始めることがおすすめです。

ベッド

大きな家具の遺品整理

ベッドの処分の方法はいくつか手段があります。地域の決まりに沿った方法や、リサイクルショップに持ち込んだり、遺品整理業者に処分を依頼する等です。金額や手間などを考えて負担の少ない方法で処分するのが一番良いです。

女性

どんな事をしてくれるのか

遺品整理と通常の不用品回収との違いは、遺品を気を遣って扱ってもらえるかどうか、また思い出の品を残すお手伝いをしてもらえるかどうか、といった点にあります。有価買い取りも行っていますが、そうしたきめ細かいサービスのある福井の業者を探しましょう。

Copyright© 2018 エンディングノート作成のポイント!安らかな死を迎えるためのノート All Rights Reserved.